協同組合 NSK保険協会
電話番号
一般の方NSKについて入会案内業務内容各種制度関係団体アクセス組合員の方
mainimg

新着情報

療養費を請求する上での患者への注意事項について

患者に対し、療養費の支給対象となる負傷の範囲、受領委任の仕組みなどについて、丁寧に説明をしてください。
これと同時に、柔道整復師が被保険者等に対し、その郵便番号及び電話番号の記入を求めることは、受領委任払いのために必要であり、これらの記入を求めなかった場合は、受領委任払いの中止を求められることがあります。
なお、厚労省H25年6月11日発 事務連絡における別紙(H24年3月12日通知の別添3-1 柔道整復師の施術を受けられる方へ)や、協会にて配布済みの「おしらせ」を店頭貼付するなど、書面による説明でも差し支えありません。
患者から記載につき理解が得られなかった場合は、その旨を申請書に記載することをお勧めします。

近畿厚生局職員を装った不審な電話にご注意ください

柔道整復師に対し厚生局の職員を名乗り、金銭を要求する詐欺行為が発生しました。

2013年9月10日更新 近畿厚生局のホームページにて詳細が記載されておりますので、

ご確認のうえ、ご注意ください。

http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iryo_shido/minasama-hurikomesagi.html

残暑見舞い

平成25年8月19日、髙間敏宏理事長が厚生労働大臣室に於いて、田村憲久厚生労働大臣を表敬訪問いたしました!

田村大臣 縦-thumb-300x400-91

第3回定時総会に祝辞を頂戴したお礼を兼ね、『協同組合NSK保険協会』の成り立ちや、全国展開に向けた組織づくり等経過や現状をご理解いただいたうえで、規制緩和による学校の増設・インターンシップ制導入の必要性、開業に向けた柔道整復師の技能向上、業界全般が抱える問題点について意見交換しました。
最後に、かたい握手を交わし、終始なごやかに会談を終えました。

監事 山本克徳

平成25年7月1日 労災保険柔道整復師施術料金改定について

平成25年7月1日以降の施術について、料金算定基準が改定されました。

———————————————(新)          (旧)
★初検料           2,360円   ←   2,250円
★再検料             350円   ←     320円
★打撲及び捻挫施療料       910円   ←     890円
★打撲及び捻挫後療料       615円   ←     610円

療養費改定内容

平成25年5月1日より、柔道整復療養費の改定が施行されます。

●三部位目の逓減率        70%    →    60%
●初検料          1,240円    → 1,335円
●再検料            270円    →    295円
●施療料(打撲・捻挫)     740円    →    760円
●後療料(打撲・捻挫)     500円    →    505円

適正化のための運用の見直し

○打撲・捻挫の施術について、3ケ月を超えて頻度の高い施術を行う場合に、支給申請書に負傷部位ごとの経過や頻回施術理由を記載した文書の添付を義務づける。
○施術者が経済上の理由により、患者を誘引することを禁止する。
○支給申請書における患者が署名すべき欄に、施術者が代理記入するのは、「やむを得ない理由がある場合」であることを「やむを得ない理由」の例示とともに、受領委任の協定等に明記する。
○支給申請書に患者が記載する事項として、郵便番号、電話番号を追加する。
○施術管理者に対し、柔道整復師名の施術所内掲示を義務づける。
○施術者に対し、療養費を請求する上での注意事項の患者への説明を義務づける。

適正化のための運用の見直しについてのQ&Aは、以下をクリックしてください。

厚労省Q&A.pdf